第1回中国旅行





(西安 シルクロードの出発点)

 中国旅行はひょんな事から決まりました。
ある日突然「中国行かないか?」と聞かれました。
「どうせ中国といっても、北京や上海の方でしょう。そこらあたりにはあまり私は興味ありませんから。」と答えると、
「それなら何処なら行くんや。」と、なかなかしつこく聞いてきます。
「そりゃあ、敦煌に連れて行ってくれてのなら行きます。何をさておいても行きます。」
「それなら、敦煌へ行こう。」
『そんなに簡単に決まっていいのか。』という思いと、『やった、敦煌に行ける』という思いが交錯しながらも、まだ実感がわかず呆然としていました。
今でこそ敦煌も有名になりましたが、「10年前は、そんなところ何処にあるの」という感じで、シルクロードのブームも来る前だったと思います。(もっとも、今でも『敦煌なんて何処あるの』という人は多いでしょう。)

「ちゃんと行けるのか。」という思いがずっとつきまといながら、準備は着々と進んでいきます。
新婚旅行の時に取ったパスポートも期限が切れていたので取り直しました。
パスポートを取ってからでも、まだ「本当に敦煌に行けるの?」という思いがありました。
それほど敦煌は、私にとってのあこがれの地だったのです。
『一緒に行く人は、どんなに奥かわかっているのかな?』『中国はトイレ事情が悪い。特に敦煌ぐらい奥になると大変だ。たぶん、ホテルの主人に、「トイレは」と聞くと、無愛想に顎をしゃくるだけだ。その顎の先にはスコップが壁にかけてあって、「これで自分で裏庭に穴を掘ってトイレをすませて、自分で埋めてこい。」と言うに違いない。』『一緒に行く人には女の人もいるようだが、大丈夫かな。』そんなことを悶々と考えていました。


 西安に着く前に、もうアクシデントは起こってしまいました。飛行機が福岡空港を離陸して、上海を経由した後、西安に着いたのはもう夜でした。その際、一度目の着陸は失敗してやり直したのです。着陸態勢に入ってから、また急上昇しました。その後大きく旋回し、今度は着陸したのですが急ブレーキ(本当につんのめるようで、シートベルトがなかったら、椅子から飛び出していたかも)をかけて止まりました。窓から見ると、行き止まりの柵がもう目の前でした。機内食のトレイなどが通路に散乱して、私たちはそれをまたいで降りることができました。中国ではありませんが(日本のことだったと思います)同じように着陸をやり直すために急上昇しようとして、飛行機の後ろが地面にぶつかり着陸失敗、炎上するという事故が起こったのは、それからまもなくのことでした。「どうせ落ちるのなら、帰るときにしてくれよな。」と冗談が言えたのは、足が地面についてからのことでした。

西安の兵馬俑坑博物館の内部はビデオもカメラも撮影禁止です。
それに果敢に挑戦しようとして、すぐに捕まった人が私たちのグループにいました。腰の脇に構えたビデオで撮影しようとしたところ、すぐに係員が飛んできました。そして、「ビデオカメラを出せ」と言います。撮影していないと言うと、それなら証拠を見せろと言います。何人も集まってきて、どこかに電話もしています。そのうちに、罰金(日本円にして数万円)払えと言い出します。(ちなみに中国の貨幣価値から言うと、その金額は中国人の年間収入にも匹敵する額)これが「国際問題」に発展して、「身柄の拘束」や「国外退去」になったらイヤだなと思っていました。(だって、今回の最大の目的地である敦煌を目の前にして、ここでUターンはつらい)押し問答を30分以上も続けました。そうしていてもらちがあかなきません。こちらは入ってすぐに捕まったので、見学してくると言いました。するとあちらは、その間に上役と相談して出口で待っていると言いました。そこで私たちはその広い博物館をずっと見て回りました。本当に広い建物でした。昔の体育館を思わせるかまぼこ型の屋根が付いているのですが、とてつもなく大きい。向こう側が霞んで見えるようです。そんな中を随分時間もかけて見学しました。本当ならもっと近くから兵馬俑を見てみたいものだと思いました。そうしてようやく先ほどの入り口付近に帰ってくると、先ほどの係りの人が・・・・・・・・・いません。
逃げました。
だって敦煌が大切だもの。
その後何もなかったので、どうやら「国際問題」に発展することは免れたようです。
でも本当に危ない体験でした。

敦煌に着いてホテルに入りました。
予定していたホテルとは違い、ランクが少し下のホテルのようでした。まあ、予定の変更は中国ではよくあることです。夕食は隣の建物の食堂に食べに行きました。みんなでぞろぞろと隣の建物の2階に上がると、日本語の歌が聞こえます。大宴会の真っ最中です。
歌っているのは大学生とおぼしき集団、歌はアニメの「一休さん」でした。それも何回も繰り返して、身振り手振りを交えながらの熱唱でした。敦煌まで来て「一休さん」の大合唱を聞くとは思いもかけませんでした。何でも、今日飛ぶ飛行機で帰るはずだったのですが、急遽その飛行機が整備不良か何かで運休となり、今日は帰れなくなったので大宴会となったようです。

私たちは食堂の隅の方で、静かに食事を済ませて部屋に帰りました。
彼らの姿を見ることは2度となかったので、次の日の飛行機の便が取れて帰ったのでしょう。
でも、あの歌を聴いていた中国人は、何のことかわかったのだろうか?
(案外、日本製のアニメが外国にも輸出されているので、「一休さん」を知っているかもしれませんね。)

敦煌のホテルは水洗トイレでした。穴を掘るのは冗談としても、各部屋に水洗トイレが完備してあるのには本当にびっくりしました。しかし、この水洗トイレはよく詰まりました。なぜ詰まるのかはわかりませんでしたが、よく詰まったのです。
朝ホテルを出るときにそのことを言って出ると、帰ると直してありました。
また、敦煌のホテルのバスタオルは、2泊3日の間一度も交換に来ませんでした。いやそれどころか、私たちが行く前にも、いつ交換したものかわかりませんでした。
でも私はもっともっと「大変なところ」という意識があったので、そんなことではびくともしないで、あこがれの敦煌の地に来られたのでルンルンでした。
でもそうでもない人もいたようです。
土産物屋のトイレに行き、あまりの汚さに用をたさないで出てきた人もいたようです。
敦煌は私の期待通り、いや期待した以上に何倍もすばらしいところでした。鳴沙山でラクダに乗り、莫高窟での壁画の美しさ。
もう一度西安、そして敦煌は行ってみたい。(本当は、そこから足をのばしてカシュガルまで行きたいのです。)
これをまとめながら、改めてそういう心境になりました。

旅行の中で、もう一つ忘れられないことがあります。
敦煌の見学も終えて、あとは帰るだけになりました。
北京を経由して、大連で乗り換えて福岡に帰ります。
北京は夜遅くについて、朝早くに出発するという宿泊するだけの経由地でした。旅行会社の内部では、北京に寄るのに観光が組んでないのは、何かの間違いではないかということで、問い合わせが入ったようです。これまで北京に寄りながら、北京で観光しないツアーを始めて組んだと旅行会社の方は笑って言われました。
その北京に帰る飛行機で、中国人の団体客と席が隣になりました。10人ほどの団体でしたが、皆一様に大きな網にバレーボールのようなものを7個ずつくらい入れていました。これは敦煌空港で飛行機に乗り込む前からわかっていました。
機内にその荷物を持ち込んだため、大きくもない飛行機の荷物入れが一杯となり、鍵のかからないリュックサックで行っていた私も、荷物を預けることができずに、機内に持ち込んでいました。
その団体さんが荷物入れを占拠しているため、私は少し離れた空いた席に荷物を置かざるを得ませんでした。
私も自分が大きな荷物を持ち込んでいるにもかかわらず、「迷惑な中国人だな。」と思っていました。
そのうちに隣に座った中国人が、大学で日本語を勉強したことがあり、片言の日本語が話せるということがわかりました。そこで、少し話をしました。私は敦煌の印象や持っているカメラを見せたりして、いろいろと日本語で話をしました。
そのうちに、私は今回砂漠に旅行に行くので、眼鏡に付けるサングラスを買って持っていったのですが、「もう帰るのでいらないからあげます。」と言いました。たいして高いものではなく、傷もたくさん入っていたのですが、ケースと眼鏡ふきがあったのが唯一の取り柄かもしれません。
その人は最初はなかなか遠慮して受け取ろうとしませんでしたが、そんなに遠慮するほどのものではないと言うと受け取りました。そして、とてもうれしそうにしていました。

北京の空港について、その人たち(みんな肩に大きな網の袋を背負っている)と別れようとすると、隣に座っていた人が私を呼び止めます。
そして、背中に背負っていた網をおろすと私に「何か切るものはないか」と聞きます。私が「持ってない」と言うと、その人は手でその網を引き裂き、中に入っていたものを一つ私にくれました。そして、にこやかに手を振りながら去っていきました。
私の手には、その人から残されたものが一つ載っていました。
それはどう見ても瓜でした。
その中国人の集団が持っていたのは瓜だったのです。
その一つを私の手に残してその人は去っていきました。
私は瓜を日本に持って帰られないことを知っていました。
昔沖縄の方で、輸入した瓜に虫が入っていて、それの駆除に10年くらいかかり、それ以来国外からの瓜の持ち込みは厳しくなっていたのを何かの本で読んでいたからです。
そこで、今夜中に処理しなければなりません。
困ったことになったと思いました。
ホテルに着いたのは11時を回っていました。
連絡がうまく取れてなくて、私たちは夕食はまだだったのですが、ホテルに夕食は準備されていませんでした。
急遽それからサンドイッチが用意され、部屋に引き上げたのは12時近くになっていました。
次の日は、6時過ぎには朝食を取って、空港に出発しなければなりません。
私には瓜が残っていました。それはとても迷惑なものにも思えました。
そこで、今夜中にどうしても処分しなければならず、何人かに声をかけてホテルの部屋の洗面所で、小さいナイフでその瓜を切りました。
八等分ぐらいに切り分け、そこにいた人(4人から5人)に一切れずつ配りました。
「瓜は持って帰れない。お願い、処分するのにつき合って。」とかなんとか言ったと思います。
無理矢理配って、私も一切れ手にとって食べました。

『おいしい』

これ以外の言葉が見つかりませんでした。
私がこれまで食べた果物で、やはりおいしかったといえるのはメロンかなと思います。
(もっとも、私が一番好きな果物は「スモモ、桃」です。)
でも、この瓜に比べたら、メロンが「水くさい」と感じられます。
全然期待していなかったからかもしれません。
でもこのおいしさは、とうてい忘れることができないおいしさでした。
帰ってから、このおいしさを次のように表現しました。

『もしあのとき私が死のうと考えていたら、この瓜を食べたことで、もう一度この瓜を食べるまで死ぬのをのばしてもいいかな、と考えるぐらいのおいしさだった。』

大げさと思われるかもしれませんが、それほどおいしく、ほとんど涙ぐみそうになって味わっていました。

はっとわれに返り『そういえばまだ残っていたんだ』ということに気が付き、残りの瓜を探しました。
しかし、そこにはもう皮しか残されていませんでした
そして、目の前にはうれしそうに三つ目の瓜をほおばっているUさんが!!
「Uさん、あの時の食い物の恨みは忘れませんからね」

あれから二年後、ウルムチ、トルファンに行きました。行った先々で、瓜(ハミ瓜)を探しました。ホテルの食事でも出ました。道のほとりで店を開いている露天商からも買いました。皮が緑が濃いのも買いました。黄色になっているのも買いました。確かに、瓜の味がします。日本で食べる瓜よりは格段においしいことは事実です。しかし、あの北京の夜にホテルで食べた瓜の味はしません。

あの瓜を食べるまで、中国へのあこがれは止まないのかもしれません

(敦煌 琵琶をひく天女の像)
 中国の地図(都市一覧)に戻る

 トップに戻る