第2回中国旅行


(トルファン 交河古城にて)

 第2回の中国旅行は、第1回目から数えて2年後に計画されました。
毎年ではしんどいだろう、かといってあまり期間が開きすぎても難しくなるということで、2年後の94年に行われました。
前回を受けて、シルクロードを極めようということで、シルクロードのもっと奥に入りました。
目的地は、ウルムチ、トルファン。
最初は何があるのかよくわかりませんでした。
私はシルクロードの本を読んで、「天地」に行きたいと主張したのですが、行き帰りに1日かかるということで、結局没になりました。
(まあ、あまりノウハウを持ってない旅行会社が真剣に考えてくれなかったということもあるけど・・・。ちなみに、前回敦煌のツアーを組んだのは、その旅行会社の支店では初めてのことだったようです。)
でも、これを作るに当たって資料を調べてみると、やっぱり「天地」に行きたかった。

今回は前回と参加メンバーの入れ替えもあり、また、前回とばした北京の観光も入れました。
「初めて中国に行く人もいるので、ウルムチ、トルファンだけではかわいそうだ。人に聞かれて、『ああ、そこなら知っている』という場所も入れよう。」ということで、故宮と万里の長城も入りました。ウルムチ、トルファンは本当にシルクロードの興味のある人は知っているという世界です。

万里の長城でびっくりしたのは、万里の長城の巨大さでも観光客の多さでもありませんでした。駐車場に帰っていく道すがらの中国人の商魂のたくましさでした。
「最初、1000円で10枚のTシャツを買いませんか。」と路上で話しかけられました。振り切って降りていくと、次には20枚で1000円、30枚で1000円となり、最後には50枚で1000円と物を持って追いかけてきました。『50枚で1000円だと1枚20円か。洗濯に耐えられなくても、50枚あれば一夏しのげるかな。』とも考えましたが、旅行の最初なので、断念しました。
50人におみやげのTシャツを配って1000円で済めば、すごく得をした感じがします。物価、人件費の安い中国ですが、これで儲けになるのだろうかと、人ごとですが心配になりました。
そういえば、日本で買う衣料品も中国製の物が多くなりました。輸入業者はいったいいくらで、あの品物を中国から輸入しているのか、非常に興味のあるところです。

次に天安門広場、故宮に行きました。故宮には、999の部屋があるという事を聞いた一人は、「毎日部屋を変われば、3年近く部屋を掃除しなくてもすむ。」と言いました。しかしそれにはすぐに反対の声があがりました。「もちろん出るときには掃除しなくてもいいけど、999も部屋があれば、入るときに掃除をしないと住めないのじゃあないか。だから同じだよ。」これには一同、納得せざるを得ませんでした。確かに大きい建物でした。

大阪空港から、上海上空近くを飛んで北京まで約2時間のフライトでした。ところが北京からウルムチまでは飛行機で4時間もかかりました。黄河の雄大な流れを見ながら、そしてゴビ砂漠の砂を眺めながらウルムチの空港に着きました。
中国では飛行機はもちろん、空港内もすべて禁煙です。乗り降りの時間も含めて5時間は禁煙を強いられます。そのことを心配している同行者もいましたが、幸い飛行機のトイレで火災探知機が作動することもなくウルムチに着きました。

ウルムチで印象に残っていることは二つあります。どちらも「新疆ウイグル自治区博物館」での出来事です。
ひとつ目は展示物を見て回っているときでした。新疆はウイグル人がたくさん住んでいます。そのほかにも多くの少数民族が暮らしています。ウルムチの大都市(オアシス都市なのに、人口は120万人もいる)から少し離れると、今なお昔の伝統を守った暮らしをしている少数民族が点在しています。トルファンに行った後にまたウルムチに帰ってきて行った南山牧場には、カザフ族が住んでいました。そのように中国には、56の民族が住んでいます。その中で人口の九十%以上を占める漢民族が他の民族を圧倒しています。この博物館には、そうした少数民族の暮らしぶりに関わるような展示も数多くありました。そのなかで、少数民族に対しては「一人っ子政策」が適用されなかったり、大学入学などにおいて、特別枠が設けられている、という展示がありました。ガイド(漢民族)さんに聞いてみました。「これはどうしてですか。」「やはり中国では、少数民族を大切にしていこうという政策があります。ほおっておけば、滅亡してしまう民族もある中で、そういった少数民族を大切にしていこうとしています。したがって、政治家についても、何割かは漢民族以外の民族から選ぶことになっています。」と答えてくれました。こういったことを国の政策ですることはすごいと感じました。さらに「漢民族の人は、そういった政策をどのように感じているのですか。不満に思ったりはしないのですか。」と聞きました。するとガイドさんは「やはり不満に思っている人もいるようです。自分たちが子どもを一人しかつくることしかできないのに、そうでない人たちがいる。しかも、大学などの入学に際しては、特別枠がある。でも、国の政策としてやっているのだから、仕方がないという感じです。」と答えてくれました。
この新疆にしても、次の時に行ったチベットにしても、辺境ということもあって、漢民族以外の民族がたくさん住んでいます。時々中国政府に対して「反乱」が起きることもあると聞いています。チベットでは、銃を持った警備兵らしい姿を町中でもたくさん見ました。チベットで橋の上から写真を撮ろうとしたら、ガイドさんに止められました。橋というのは、軍事上重要な地点になるのだそうです。そのため、橋やその周辺の写真を撮ることはスパイ活動(破壊活動)とみなされることもあるそうなのです。平和にとっぷりと浸かって、緊張感を失っている私たちにとって、この民族の問題は大きな課題を残しました。
 日本にはアイヌ民族をはじめいくつかの少数民族もいます。日本人(大和民族)は、これまで中国と違って「同化」の政策を採ってきました。そのため、中央政府に対して民族の反乱ということは、昨今(たぶん100年以上)では考えられなくなりました。
大多数を占める民族にとって、また同じ国に暮らす少数民族にとって、どういった方法がいいのか。日本に帰ってからも考え続けています。

「新疆ウイグル自治区博物館」にはシルクロードの各地から出土した文物がたくさん展示してあります。その一番奥の部屋に「ミイラ室」が一室設けてあり、ミイラが十数体展示してあります。
その中の2つは、立派なガラスのケースに収められており、残りは少々古びたケースに入っています。これは先年、日本でミイラ展を行ったときに、二体ほどこの博物館からも展示用に持っていき、そのときに主催団体から贈られたケースだということでした。
その立派なケースのひとつに「桜蘭の美女(loulan Beauty)」または「眠れる美女」と名前の付いたミイラが収められていました。紀元前500年から1200年と推定されるこのミイラは、乾燥地帯だけあって、保存状態が抜群にすばらしいようです。年齢は20歳前後、皮膚には弾力さえ残っているそうです。
私はこのミイラの虜になりました。今から3000年ほど前にこの中国の地に存在し、若くして(といっても、そのころの平均寿命はわかりませんが)この世を去ったこの女性に正直見とれていました。なかなか均整のとれた顔つきですが、それだけではなく、何か語りかけてくるものがあるような感じがしました。
さまよえる湖といわれるロプノール湖が、よそに移ったために滅びたといわれる桜蘭(ローラン)。本当は、私が一番行ってみたいところはこのローランの廃墟なのですが、その近く(といってもハミから発掘されたようですが)から眠りから覚めた(といっても、ミイラなのでまだ眠っているのですが)この美女を前にしたとき、この場にいつまでもたたずんでいたい思いを抱かせました。でも集合時間が来たため、仕方なくこのミイラの前から立ち去りました。私がその部屋を出た最後の一人でした。でも今もあのミイラの面影は目に焼き付いています。

ウルムチからトルファンに車で移動しました。何もない砂漠(といっても、鳴沙山のようにサラサラとした砂のある砂漠ではなく、こぶし大の石がゴロゴロとした砂漠です)にかげろうが立ち上ります。遠くまで真っ黒い曲がりくねった細い帯のようなものが見えます。これが砂漠の中に作られた、アスファルトの道です。上がったり下がったりしながら、見える限り蛇のようにのたくっています。ウルムチを出発して4時間。途中で休憩しながら、ようやくトルファンに着きました。ここは海抜−100m以下。海の中にあるような標高ですが砂漠です。遠く天山山脈の雪解け水を、盆地の勾配を利用して、暗渠(あんきょ)を通して引くカレーズ(地下水)があるため生活できるのです。

街の中は通り道の上が一面のブドウ棚になっています。「ここのブドウを取ると罰金」という立て札が、そこらここらに立っています。
ここのブドウは確かにおいしいです。日本でいうマスカットのような色をしていますが、朝夕と日中の温度差が激しいためか、甘みが増すようです。そして、そのブドウで作っワインがまたおいしいのです。ホテルで買ったワインはとてもおいしく、現地で何本か飲み、またおみやげにも買って帰りました。しかし、観光客相手からか、高い!1本200元から300元もします(当時は1元15円くらい)。お酒といえば、1回目の中国旅行の西安で飲んだ「西鳳酒」(シーホンチュウ)がおいしく、2回目の中国旅行でも飲みました。これは白酒で、きつい(アルコール度数が50%を越え、灰皿で燃やしてみると火がついた)のですが口当たりが良く、名前を覚えていました。これはホテルで買っても50元ぐらいでした。

「現地の人はこんなに高いお酒を飲んでいるわけがない」ということになり、何人かでホテルを抜け出して、地元の酒屋さんにお酒を買いに行きました。ホテルでは片言の日本語は通じるし、日本円での取引をする店もあるのですが、町に出て現地の人相手の店ではそうもいきません。中国語やイスラム語なら通じるのでしょうが、日本語は全く通じません。
ちなみに、トルファンのおみやげ屋さんで片言の日本語で話しかけられました。「ともだち」「おみやげ」を連発するのです。しかし、英語は通じません。中国語がわからなかったら、英語よりも日本語の方が通じるというのは発見でした。まあ、どこに行っても、日本人の観光客がうろうろしています。私たちもそうなのですから、大きいことはいえませんが・・・・。
お酒屋さんに話を戻します。私たちは中国のお酒を良く知りません。ここに、ホテルで買うような高級なワインや西鳳酒があるとはとうてい思えません。しかし、おいしいお酒が欲しいのです。そこで、ここは身振り手振りでいこうということになりました。まずコップを置く、瓶の口をひねる、注ぐ、飲む、おいしいという顔をする、酔っぱらう。そんな格好を店先で演じました。次第に現地の人(ギャラリー)が集まってきます。私たちの名演技(迷演技?)を見ていた店のおばちゃん、最初はよくわからないという顔をしていましたが、急に顔が輝き、わかったという身振り。出てきたのが小振りの瓶でした。私たちは、やれやれと思ってその瓶を見ると、そこにはミネラルウオーターの瓶が・・・・。
「酔っぱらいはこれでも飲んで酔いを醒ませ」ということでしょうか。これには私たちも愕然としました。それで、少し身振りを変えながらやっと現地の人が飲むような酒(白酒)を手に入れました。値段は5元。味は・・・・・・・・まあ、あんなものでしょう。ウルムチに帰って、残りは運転手さんにあげました。



トルファンで何日か過ごし、再びウルムチに帰ってきました。「天地」に行きたいという私の希望は、「時間がかかりすぎる」という理由で没になり、それでも半日あったので、南山牧場に行きました。ウルムチの町中から2時間ほどで南山牧場に着きました。ここにはカザフ族の遊牧地でもありパオもあって、民族衣装を着た人もいます。草原の奥の谷間には高さ20mの滝があります。その滝のほとりにスイカの食べかけや皮が無造作に捨ててありました。中国のこういったところは好きになれないところです。自己主張の激しい国です。だから、自分が良ければそれでいいという感じがあるのでしょうか。
滝からの帰り、添乗員さんとスルーのガイドさんは馬に乗って下まで行くと言います。馬に乗って降りるのも少し興味があったのですが、おとなしくバスで下りました。そこで、現地のガイドさんが話をしてくれました。
そのガイドさんは生徒の時、この滝に遠足に来たそうです。自由時間になり、皆がわいわい滝の周りで遊んでいるときに、その中の二人が滝に登ってみようということになったそうです。そこで二人は滝に登りはじめ、ほとんど滝の上まで登り詰めたようです。そのとき教員から合図がかかり、みんなが集合して、帰り始めたそうです。それを上から見ていた二人は残していかれると思ったのか、急いで降りようとして、足を踏み外し滝に落ちたそうです。もう一人も、同じように急いで降りようとしてやっぱり足を踏み外して落ちたそうです。落ちた二人はそのまま亡くなったということです。
その話を淡々と現地のガイドさんは私たちに話してくれました。そのガイドさんの心の中には、今でも滝に落ちて死んだ二人の友人のことが生きているのでしょう。集合をかけた教員がもう少し待ってくれたらという思いがあるのでしょうか。落ち着いて降りるように声をかけることをしていたらという悔いがあるのでしょうか。
この話はインパクトが強く、今でも心に残っています。


次の日は朝早くウルムチの空港に行きました。朝が早いにもかかわらず空港はごった返していました。私は荷物の「高度計(気圧計)」がレントゲンのチェックで引っかかりました。同行していた人はやはり荷物のナイフがかかりました。しかし、開けてみせることでパスしました。ただこの混雑の中で、私はスリにあったようです。上海について飛行機から降りようと思うと財布がありませんでした。座席やその周辺、また後で調べてもらったホテルにもなかったから、ウルムチの空港だと思います。
幸い全額ではなかったし、残るは上海だけだったので、たいして支障はありませんでした。もちろんこんな事で、私の中国に対するあこがれはみじんも揺るぎません。負け惜しみではなしに、そのお金を得た人が(中国人の若い人の年収にも匹敵する額、こう書くとすごい金額のような気がしますが、日本では普通のサラリーマンの1ヶ月の小遣い程度)そのお金で家族を養い、幸せな日々を過ごしてくれたらと切に願っています。


こうして第2回目の中国旅行は終わりました。ウルムチで何度か「ハミ瓜」を食べたけど、前回のあの幻の瓜には出合うことはできませんでした。シルクロードの旅も、これで一応の終止符を打ちます。機会があればまた行ってみたい所もたくさんあります。行ったところでは、西安、敦煌。行かなかったところでは、ウルムチの天地、カシュガル、そしてローラン。
しかし、中国はシルクロードばかりではありません。2年後にはいよいよチベットに旅立つのです。

チベットにはあのハミ瓜はありません。しかし、中国の魅力はまだまだ私を解放してくれそうにもありません。

(ウルムチとトルファンの間にある「烽火台」)

 
 中国の地図(都市一覧)に戻る

 トップに戻る