第3回中国旅行



 今回の旅行は成都から始まりました。(もちろん中国に初めて降り立った地は上海ですが、行きは経由地としてだけ寄りました。)成都は、三国志における蜀の国の中心でした。そこには劉備玄徳や諸葛孔明などに関連するものがたくさんあります。劉備玄徳は関羽の復讐戦のため成都から出陣して呉を攻め、陸遜が率いる呉の部隊にさんざんに蹴散らされ、成都から真東に行ったところにある白帝城で命を落としました。また、諸葛孔明は劉備亡き後、魏の国に戦いを挑み、成都から北東の方向にある五丈原で命を落としたのです。吉川英治の「三国志」や横山光輝の「三国志」のマンガでは、この劉備を主人公に描き、日本人は劉備のファンがたくさんいます。しかし、中国では「三国志」よりも「水滸伝」の方が人気があり、また「三国志」の中では関羽がとても人気があるようです。また関羽は商売の神様としても有名です。
 しかし、私が「三国志」で好きなのは、劉備でも諸葛孔明でも関羽でも張飛でもありません。かん沢(字が出ない!)、呂蒙、虞翻、呂布などが好きなキャラクター(かって私が「呂布」が好きと言うと、本当に信じられないといった目で私を見た人がいました。)です。吉川英治は「三国志」で(元々は羅漢中の「三国志演義」でもそうですが)呂布のことを簡単に裏切る勇ばかりの人のように書き、日本人に呂布嫌いは多いのですが、呂布の純粋さ、そして誰にもまさっている勝負強さ、彼が率いた騎馬軍団などが私が呂布を好きな理由です。
 北方謙三が「三国志」という本を書き、最近文庫で発売されました。それを読んでみると、吉川英治と違って、随分呂布を好意的に書いていました。これで日本人の中に、呂布のファンが増えれば幸いなのですが・・・。

 チベットに行く前の日、成都での観光の合間に私たちのツアーは,、漢方薬の販売所に行きました(連れて行かれた?)。そこでは様々な病気に効くという漢方薬が売られていました。明日チベットに行くと言うと、「高山病に効く」という漢方薬まで出てきたのにはびっくりしました。そこには日本人の観光客も多く、みなさんはたくさんの薬を買っておられました。日本人は薬好きだというのを本当に実感しました。私ですか・・・・・・もちろん一つも買いませんでした。
 

 チベットの空港について、最初に感じたことは空が青いということでした。ラサ=クンガ空港の海抜は3600m。ラサ市の海抜は3650mもあります。日本で一番高い富士山の頂上(3776m)ほどの地点に降り立ったわけです。空の澄み切った青さは、頭の上にある空気が少ないことに関係があります。空気中にははっきりとは見えませんが、たくさんのチリが浮遊しています。そのため、チベットみたいに空(宇宙)までに空気が少ないところでは、このチリが少ないため、空の青さがそのまま見えるのです。だから空がよそと比べて青いのです。この青さは、吸い込まれそうな青さでした。この空の青さがチベットに着いた最初の感激でした。

 空港から市内まで約100Km、所要時間は1時間半でした。途中、ヤルツァンポ河に架かる橋を渡りました。この河は、遠くベンガル湾に注いでいます。長い橋(ヤルツァンポ橋)で私は夢中でカメラを取り出して撮影しました。左がその写真です。しかし、この行為は、現地のガイドさんに注意を受けました。「橋の上や、橋の周辺で写真を撮ってはいけない」というのです。
 ここチベットは新疆と並んで、中国の中でも特異な自治区です。何度も反乱、暴動が起こり、中央政府からのにらみも随分きついのです。だから、ほかの中国各地と違って、政治的な締め付けがかなりきつくなっており、銃を持った兵士が目に付きました。特に92年には強硬派の自治区書記長が派遣されました。その結果外国人の自由旅行は禁止されました。
 その後、外国人の旅行も認められるようになりましたが、そんな厳しい状況を反映して、橋の両側には兵士の詰め所がありました。橋というのは重要な戦略的拠点です。特にこんなに長い橋になると、この橋を落としてしまえば、交通は寸断され、マヒ状態に陥るのです。そのために橋の両脇を兵士が守っているわけですが、写真に撮るという行為は、その橋を攻撃をするための準備と見られても仕方のない面があるのです。平和にどっぷりと浸かって、そのことを当たり前だと思い、なんの疑問を抱かない私たち(私だけ?)にとっては、衝撃的な出来事でした。


 チベットでよく目にしたのがマニ車です。小さいものは、ちょうど赤ちゃんが遊ぶガラガラに似ています。巡礼が手にして、くるくる回して歩いています。この中にはありがたい呪文が書かれた巻紙が貼ってあって、これを1回まわすと、その呪文を1回読んだことになるというものです。大昭寺の入り口には直径2mもあるマニ車があり、これが大きいマニ車の代表です。この呪文は、石に刻まれて寺院や峠の石積みに奉納されたり、岩壁に刻まれているところもあるそうです。私たちも、ポタラ宮の入り口などでこのマニ車を回しました。そこには10も20ものマニ車が設置されていて、下には回しやすいように木の棒がでています。そこを通る人がひっきりなしにマニ車を回していました。また、観光客相手の土産物屋ではこの携帯用のマニ車が売られていましたが、私たちのグループでは買う人はいませんでした。






 チベット独特のものとして、五体投地を見ました。これは寺院の中で見たのですが、人の心を打つ姿です。一度で手足を伸ばした自分の体の長さしか進めません。この五体投地で遠く離れた土地から聖地まで、何ヶ月もかかって歩く人々がいます。全身全霊を仏の前に投げ出して、加護を祈りつつ進むその姿は、彼ら、彼女らにとって、最高の礼法なのでしょう。ラサの大昭寺はチベット仏教の大本山です。チベットだけでなく、青海省やネパールからも巡礼の人々が集まります。そういった意味では、大昭寺は一生に一度はお参りしたい聖地なのです。




 私たちは、チベットでの寺巡りに飽きて、自然の雄大さを見に郊外の標高5000m近いところまで車で連れて行ってもらいました。しかし、現地のガイドさんや運転手の人は、「寺巡りはもういいのか。」という疑問を抱いていたようです。ラサの町はチベットの聖地であり、そこに来るのは、観光のためではなく巡礼のためだということが、チベットでは常識になっているのでしょう。

 この山行きには条件が付いていました。”天気が良かったら”という条件です。なぜかというと、天気が悪かったら景色が見られない・・・・・ということではないのです。低気圧が近づくと、車のエンジンがうまく動かなくなるというのがその理由です。標高の高いところに登れば空気が薄くなります。当然酸素を必要とするエンジンも動きにくくなります。その上、低気圧が近づくとそれが致命傷になるそうです。山(高いところ)が好きな私は前夜祈りました。当日は幸い良い天気でした。しかし、途中まで来ると交通事故です。中国では交通事故は日常茶飯事です。何しろ中国の運転手は、とばす、とばす。車で移動している途中で何件もの交通事故を見ました。そしてその日も交通事故です。しかも大きい事故なのか、車が渋滞したまま動きません。1時間以上も待たされ、運転手が「これから行っても帰ってこられない。」と言い出すことを私は本当に恐れていました。しかしそういったこともなく、やっと車は動き始め、次第に坂を上り始めました。
 山を登っても登ってもなかなか目的地に着きません。検問所のようなものもあり、そこを過ぎてまた山を登っていきます。道が谷川を横切っている所がありました。少し水かさが増えて、道の上を水が流れています。運転手さんと水の中に大きい石を投げ込み、やっと渡れるようになりました。途中で遠くの山の斜面に何十頭かの山羊かヤクの群れを見ました。食料となる草を求めて放牧しているようです。たぶんそれにはその群れを連れて歩いている人がいるのでしょう。このような人は、何日も山に入ったまま降りてこないと本で読んだことがあります。動物だけと何日も山の中で暮らす生活。私たちにはそれがどんなに過酷なものか想像もできません。しかし、反面世間のしがらみに煩わされることのない生活もうらやましい気もします。まあ、これはその生活の大変さの何分の一もわかってないから思うのでしょうが・・・・。

 この山行きは本当にヒットでした。ポタラ宮もすごかったけど、この自然の雄大さはもっとすごいと思いました。
 誰もいない峠に積まれたケルン。その頂に付けられたタルチョが風にはためいています。何百年も昔から変わらない風景がそこにありました。峠には風が強く吹いていました。この風はどこからきて、どこまでいくのでしょうか。
 唯一残念だったのは、雲に隠れてカンチェンジュンガの頂が見えなかったことです。しかし、標高5000m近くにあるヤムドゥク湖の青さは吸い込まれるようでした。富士山より高いところにある湖。日本では想像することさえできない風景でした。本当は湖の近くまで降りてみたかったのですが、時間がとうていたりませんでした。そこにはナンカルツェという村があって、食堂や売店もあり、また湖畔の湿原では、放牧された牛がのんびり草をはんでいる光景が見られるそうです



 いつか機会があったら、向こう側(ネパール側)からこちらを見てみたいものだと思いました。
 しかし、これはどうやら夢で終わりそうです。


 中国の地図(都市一覧)に戻る

 トップに戻る