あこがれのチベットに

 成都からラサへの飛行機の上から見た地上です。家や道が箱庭のように見えます。こうやってみると、中国というのは「黄色の大地」という表現がよくわかります。
 ラサ=クンガ空港に着きました。海抜500m位の成都から、急に3600mのチベットに着くと、空気が薄い気がします。そして、寒い。
 驚いたのは、外国人のグループで登山スタイルのまま空港からすぐに大きな荷物を背負って歩き始めたことです。
 ラサ市内に着くまで1時間半ぐらいかかります。途中で山の上に崩れかけた城のようなものが見えました。私たちは空気が薄くて、歩くだけでドキドキするような気がしますが、こんな山の上にたくさんの石を運び上げて城を築いていくのは本当に大変だと思います。そういった意味では、これから行くラサ市内にあるポタラ宮がとても楽しみです。
 写真では少しわかりにくいのですが、右下から左上にかけて虹が架かっています。ラサの空港に着いたときには滑走路がぬれていました。雨上がりです。久しぶりに虹を見ました。私たちを歓迎してくれているのでしょうか。

 ラサ市内

 ホテルのロビーにかかっていた壁掛けです。たたみ10畳ほどの大きさがあります。これを織り上げるのに、いったいどれくらいかかるものなのでしょうか。
 ホテルの食事です。ここの食事はバイキング形式でした。特にチベットらしいというものも出なかったようです。(何がチベットらしいのかよくはわかりませんが・・・。)でも一緒に行った人の中には、「食堂に行ってみると、バター茶を飲んでいる人がいたので、話しかけて飲ませてもらった。」という人がいました。それを後で聞いて、とてもうらやましい思いをしました。
 これはなんだと思いますか。ラサの町の至る所で見かけました。
 これは太陽熱を利用してお湯を沸かす機械です。中国でもこんな機械を見たのは、ここチベットだけです。太陽に近いから、お湯が早く沸くのかな?

(実は平地よりも空気が薄く、空気中の水分やチリが少ない理由から日照量が多く、輻射熱が強いという理由です。)
 左の写真は街角で見かけたものを写真に撮りました。何かはよくわかりません。一見日本の狛犬のように見えます。お寺のような建物の前にあったので、狛犬の起源かもしれません。また、色使いがなかなか華やかです。そういえば、チベットの町を歩いていて原色の色使いが多いと感じました。これは敦煌の町でも感じたことです。上海や北京ではあまり思わなかったのですが、何かわけがあるのでしょうか。
 右の写真はおじさんがかごに鶏を入れて売りにきたものです。中国の露天にはこのように生きたものでも平気で売っているのを見ることがあります。買った人は飼うのでしょうか、それとも食べてしまうのでしょうか。
 街角の風景です。道は舗装してあるところも多いのですが、そうでないところもやはり多いのです。だから雨が降った後などには水たまりができます。そんなことはもろともせずに露天商が一杯の品物を並べて売っています。観光客相手でなく、地元の人向けなので、値段は随分安くなっています。
 右側の写真は果物を売っている露天です。 下に見えるのはスイカで、台の上には柑橘類とともにブドウの房も見えます。ホテルでもフルーツが食事の時に出ました。それはそれでおいしいのですが、町に出て露店で買って食べたフルーツとは、味は段違いでした。露天のフルーツは安く、みずみずしく、甘みが十分ありました。あー、またあのフルーツが食べたくなってきた。
 町を走るバスを撮したものです。またこの写真には写っていませんが、町には多くの自転車タクシーが走っていました。自転車で人力車のような両方にタイヤのついた幌付きの車を引っ張るのです。私もホテルの前からポタラ宮の下まで乗りました。のってしばらく行くと、空気つぎを借りて自転車に空気を入れ、また走り始めました。なかなか乗り心地は良かったです。
 ホテルの前で店を広げていたおばちゃんです。細々とした装飾品を売っていました。売っている品物はネックレス、腕輪、宗教の道具などに混じって何に使用するのかよくわからないものもありました。左の台の上に乗っているのは水牛の角(?)かなとも思いました。左側のおばちゃんは一生懸命編み物をしていました。
 ポタラ宮
 ラサ市内の中心部に入ると、どこからも見えるポタラ宮にやってきました。この標高の高い土地になんという大きな建物を建てたことなのでしょうか。これは元々はダライ・ダマの宮殿として建てられました。
 ポタラ宮の壁面の色は独特の色をしています。日本でいうと、ベンガラ格子の色といえばいいでしょうか。えび茶色の濃い色をしています。もちろんこれはポタラ宮の半分で紅宮と呼ばれる部分です。残り半分は白宮と呼ばれています。1642年に、チベットを統一したダライ・ダマ5世は、1649年に白宮を完成してここに移りました。その後ダライ・ダマ5世が亡くなった後の90年から94年にかけて紅宮を建設したのです。
 ポタラ宮は13階建てで、中には1000以上の部屋があるといわれていますが、正確な数字は明らかにされていませんし、内部は自由に見て回れるわけではなく、一定のルートを歩かされます。
 登りはきつく、ゆっくり歩かないと高山病の危険があります。
 ポタラ宮にはチベットの人がたくさん訪れていました。手にしたバターをたくさんの部屋にある仏前の灯明に一つひとつ丁寧に注いでいました。そこには、私たちと違って、敬虔な祈りの姿勢が見えました。
 左側の写真は、ポタラ宮の上から見た足元に広がる広場です。この日はちょうど雨模様で、視界が幾分悪く、人も少なかったのですが、ポタラ宮がどんなに高いところに立っているか、またどんなに高い建物であるかがわかると思います。
 また右側の写真は、ポタラ宮の上から町の西側を見たところです。テレビの塔が立っている山が見えますが、これは薬王山と呼ばれる小高い丘です。町の南側にはキチュ河(ラサ河)が流れています。
 中を見て回るのに随分時間がかかりました。また、どの部屋も灯明があり、バターが焦げるにおいが随分きつく、外に出るとほっとしました。これは白宮を出て地上に続く階段を下りているところです。それにしても、よくこんなに大きなものを作ったものだと、感心するばかりでした。
 ポタラ宮の全景の写真です。左側はまだ降りる途中の、特に紅宮を中心に撮影したものです。右側の写真は、完全に下に降りてから、ポタラ宮全体を撮影したものです。白宮の壁の色が年月のため少し変色していますが、それでもきれいな宮殿です。1951年の中国人民解放軍の進駐、そして、中国支配に対するチベット人の反乱を経て1959年ダライ・ダマ14世はインドに亡命しました。


 近郊の農家へ
 ポタラ宮を見たあと、近郊の農家に出かけました。その前に、町を出る時に気がついたのですが、ラサ市内から見える山が白くなっているのです。昨日は確か白くなかったはずです。運転手さんに頼んで車を止めてもらい、写真を撮りました。電線がじゃまで、少し歩いていい場所を見つけました。確かに雪です。8月23日のことです。いかに標高の高いところにいるか、改めて感じさせられました。
 午後から近郊の農家を訪れました。ガイドさん(運転手さん)が交渉して農家の中まで見せていただくことができました。家の中は「チベットの文化」そのものでした。いかにラサの人々がチベット教を大切にしているのか、生活の中の一部分であるのか、いや生活の中心であるのかを感じさせられました。決して裕福な人ばかりではないのですが、宗教関係のものを買うことは当然という風習のようです。ラサから遠く離れた人も、一生に一度は聖地にお参りすることを夢に見て日々の生活を送っているようです。
 庭に出てみました。周りを土壁で囲まれた中に庭がありました。その土壁の上に、あがることができます。真ん中で筒みたいなものをついているのは、バター茶を作っているところだそうです。飲んでみたかったのですが・・・・・だめでした。洗濯物が干してあります。手前には本当に大きなやかんも見えます。観光客相手のものではなく、本当の庶民の生活を見せてもらいました。

 大昭寺・八角街

 ラサにはかつては42の仏教寺院があったといわれ、そのうちの最大の寺院がこの大昭寺です。ラサに来た人は誰もが一度は訪れる寺で、地方に住むチベット人にとっては、一生に一度は巡礼したい”総本山”なのです。チベットを初めて統一したソンツェン・ガムポ王の王妃ティツンが亡き王をしのび建立したもので、王妃が嫁いできたネパールの方角に向けて建てられています。
 チベット暦8日、15日、25日は巡礼の人で混雑しています。私たちがここを訪れた日がチベット暦の何日に当たるのかわかりませんでしたが、それでも堂内には左の写真のように五体投地を繰り返す人などが多く見られました。床は灯明にささげるバターのためかベトベトして、非常に滑りやすくなっています。
 屋上からはラサを囲む山々を見ることができます。また遠くにポタラ宮を見ることもできます。私たちがここに至った時に、たくさんの僧侶が建物の中から出てきました。ちょうど高僧が弟子をたくさん従えて出てきたようでした。そのまわりにはたくさんの信者の人が集まっていました。
 八角街(バルコル)です。大昭寺を取り囲むように、寺の建物に沿ってぐるっと一周します。ここはラサ一番の繁華街で、チベット人の居住するあらゆる地域から人々が集まり、日常必需品、装飾品、骨董品、外国製品(密輸品も多いようです)があります。五体投地やマニ車を回しながら参拝に来た人に混じって、私たち観光客が歩いています。左上の写真は、装飾品を売る店です。右上の写真は、何かの肉を売っています。ひょうきんなおじさんで、カメラを向けると写真のようなポーズをして応えてくれました。
 広場を見下ろせる店の2階で食事をしました。このように晴れた空が、一瞬のうちにかき曇り、急に雨が降り出しました。すごい土砂降りです。広場にいた人たちが、まるで蜘蛛の子を散らすように逃げまどいました。しかし、しばらくすると、また青空が戻ってきました。山の天気は変わりやすいといいますが、私たちが食事をする一瞬のことでした。中国なので、”邯鄲の夢”を思い出しました。


 デブン寺

 雨上がりのラサの朝です。雲が低く立ちこめ、神秘的な風情を醸し出しています。デブン寺に行きましたが、まだあいていませんでした。この寺は、かつては1万人もの僧がいたようですが、現在は800人になっています。
 デブン寺の門が開くまで待っていたのですが、多くの犬がうろうろしていました。左側の写真にも写っていますがラサの町には犬が多く、喜捨のつもりのバターを期待してか、人々に物欲しげなまなざしを向けています。しかし、肉が目の前にぶら下がっていても、売り物には手を出さない”仁義”があるようです。
 デブン寺の内部の写真です。この寺は1416年にツォンカパが優秀な弟子であったジャムヤン・チュウギ・タシ・パンデンに命じて建てさせた寺です。かつてはここにダライ・ダマ4世が住んでいたこともある関係で、モンゴル系の僧侶が多かったといわれています。3度の内乱、そして文化大革命でも破壊されたことがあります。
 左上の写真は天井の模様を撮影したものです。梵語が描いてあるようです。また右上の写真は置物を撮影したものです。ラサの町中でも見ましたが、日本の狛犬に似ていると思うのは私だけでしょうか。
 デブン寺の内部での写真撮影は有料ながら許可されていました。ガイドさんに交渉していただき、金を払って写真撮影しました。私がフラッシュを光らせ始めると、他の人もそれにつられて写真撮影を始めました。「みんな、ちゃんとお金を払ったの?」
 左側の写真は仏像の写真ですが、とてもきらびやかです。右側の写真は、屋上にあった建物のさらに上にあった飾りです。とても大きなものでしたが、何か宗教的な意味があったのでしょう。
 下から見た、デブン寺の全景です。山に抱かれたお寺という格好です。こうやってみると、一つの大学が存在しているようにも見えます。かってたくさんの僧侶がいた頃は、チベットにおける大学のような役割も果たしていたことでしょう。


 ヤムドク湖

 峠に行く途中で見たトラックです。日本とはまた違った派手な飾り付けです。トラックの荷台に人が乗っているトラックも見ました。ネパールに行く人々でしょうか
 このようなガードレールも何もない道をたどっていきました。途中で小さい河を渡る時には、道を水が流れていました。そこで車を止めて、石を捜してきて深いところに投げ込み、それで渡りました。こんな所で車が故障したら、いったいいつ帰れるのだろうか?
 峠のてっぺんにはケルンが積んでありました。その頂にはタルチョがはためいていました。誰がこんな高いところに石を積んだのでしょうか。たぶん一人の力ではなく、通る人が少しづつ積んでいったのでしょう。タルチョも少しづつ増えていったのでしょう。
 ラサから約120Kmの地点にある神秘の湖です。ヤムドクとは「トルコ石」という意味です。標高4750mのカンパ・ラ峠からの眺めはすばらしいものがありました。遠くの山には雪が見えました。その高さは私たちが今いる標高と同じくらいでした。麓だけ見えているのは、カンチェンジュンガという8598mの山で、世界第3位か第4位の山です。
 ここの印象を一言でいえば、空が青いということでした。空気が薄く、ラサ市内以上に青い空が広がっていました。また、ちょうどその日は空に下弦の月がかかっていました。
 タルチョの上にちょうど空から一筋の光が落ちていました。このように、雲の切れ目から日がさしているのを、西洋では「天使の階段」と言うそうです。
 舞台の上で、サスペンションライトが斜め上から照らしているようです。 「人生は舞台の上で芝居をするようなものだ」と言った人がいます。自然は私たちの眼前に、すばらしい舞台の一断面を切り取って見せてくれたのでしょうか?
 峠の上には様々な花が咲いていました。赤、黄色、ピンク、水色様々な色の花です。黄色の花の後ろに見えるのは月です。地面にはいつくばって写真を撮りました。標高5000mに咲いている花なので、当然高山植物なのでしょう。こんなに高いと気温も随分下がるだろうし、風も強い中でけなげに咲いているものです。夏の短い期間だけ、花を付けるのだと思います。チベットの峠や尾根には、サクラソウやユキノシタ、キク科の団塊植物があります。私は花に詳しくないので、写真の花が何かは・・・・わかりません。
 中国の地図(都市一覧)に戻る

 トップに戻る