3度目の中国

 成都の空港に着きました。今回の中国の旅はここから始まります。成都といえば昔の蜀の都。三国志の世界です。


 武候祠

 最初に訪れたのは武候祠です。市街地南西部にあるここには、諸葛亮孔明が祀られています。孔明の贈名である「忠武候」にちなんで、「武候祠」と呼ばれています。
 入ったところにある大きな壁画です。中国にはこういった建物が数多くあります。西安の華清池や北京の故宮でも同じようなものを見ました。
 これがかの名高い「出師の表」です。諸葛亮孔明が劉備の死後、北伐をする時に劉禅にあてて、北伐の意義を書いたもので、涙なくしては読めないと言われているものです。(でも、誰も泣いている様子はありませんね。)
 左側が張飛の像で、右側が関羽の像です。どちらも蜀の建国を助けた三国志にはなくてはならないキャラクターです。それにしても、張飛は随分色黒に作られたものですね。それに比べて関羽は、随分とかっこよく作られています。中国の人々の、人気度の違いでしょうか。
 これが諸葛亮孔明です。ここには、蜀を支えた28人の武官・文官の像のほかにも、南征の時、昼はそれで飯を炊き、夜はそれをたたいて警報を発したという”諸葛鼓”や、劉備の墓”恵陵”などもあり、三国志の世界にどっぷりと浸かれます。


 杜甫草堂

 とても感じのいい竹林です。杜甫草堂の敷地内です。役人を辞めた杜甫がここに住んだのは48歳の時です。それから5年あまりの間に二百数十編の詩を書きました。
 旧宅のほとりに建てられた杜甫草堂は、武候祠から2Kmほどの所にあります。
 杜甫の像です。安史の乱で長安の都を逃れ、成都に住みつきました。成都はこの地方独特の気候のため、もやのかかったような空がカラリと晴れ渡ることはほとんどありません。したがって「成都の犬は日を見てほえる」と言われるくらいにお日様が出ることは少ないのです。
 杜甫はこのもやの中を歩き、詩作に励んだのでしょう。


 刺繍

 成都は古来”天府”と呼ばれてきました.。
 これ以外に、”錦城””錦官城”(古くから綿織りが盛んで、解放以前は綿織りを管理する役人が置かれた)、”蓉城””芙蓉城”(後蜀の孟昶は城内至る所に芙蓉の花を植えた)とも呼ばれます。このように、成都は古くから刺繍の産地としても有名です。
 この衝立は一方向からしか、写真を撮っていません。もちろんそれでもすばらしいものですが、逆の側から見ると、全く違った図柄が見えます。裏表で全く違った模様を描き出しているのです。すばらしい芸術作品と言うしかありません。
 中国の地図(都市一覧)に戻る

 トップに戻る