シルクロードの出発点

 右の写真は西安の街の城壁から見下ろした、「シルクロード」の出発点です。昔から多くの旅人がここから旅立っていきました。もう2度と帰ってくることができないで、タクラマカン砂漠で行き倒れた人も数多くいました。
 私たちのシルクロードの旅も、この西安から始まりました。敦煌、ウルムチ、トルファン。いつかカシュガルにも行ってみたい。これは夢で終わるかもしれません。


 ホテルから見た西安の街

 西安の空港に着いたのは、随分遅くなってからでした。また、空港からホテルまで約50kmありました。夏のことで、途中には煉瓦でできた家の前に、多くの人が涼んでいる光景が目に入りました。また、明かりもあまりなく、なんだか薄暗いという印象を受けました。人口も多くないのではないかと思いましたが、一夜明けてホテルの窓から見える風景は、人口100万人を越える大都市そのものでした。


 華清池(かせいち)

  中国の観光は、西安の郊外から始まりました。
 最初に訪れたのは華清池です。ここは、玄宗皇帝と楊貴妃のラブロマンスでも知られ、また、西安事件の舞台としても有名です。西安の観光には欠かせない所で、私たちも真っ先に訪れました。
 白楽天(772年〜846年)の「長恨歌」で
  「春寒くして浴を賜う華清の池、温泉水滑らかにして凝脂を洗う」と歌われた華清池は、玄宗皇帝がここに華清宮を作り、昼夜華やかな宴を繰り広げたことで有名です。
 玄宗の実子である寿王の妻であった楊貴妃は玄宗の目にとまり、18歳の時に彼の寵愛を受けるようになりました。自分の妻を父に奪われた寿王。親子ほど年の離れた楊貴妃の愛におぼれ自ら堕落していった玄宗。唐が没落する中、玄宗の指示で38歳の楊貴妃は自害しました。
 誰が本当に幸福な人生を送ったのでしょうか。華清の池は3000年以上の歴史を持つ温泉地です。
 何を見て、何を感じたのか。
 これからも黙して語ることはないでしょう。
 華清池にはたくさんの中国人も来ていました。
中国人は、私たちとはまた違った思いを抱くのでしょう。いったい何を考えるのでしょうか。
 華清池は温泉で有名です。楊貴妃の美しさは、この温泉で肌を磨いたからだという伝説もあります。
現在でも温泉があり、復元した楊貴妃池にも入ることはできますが、肌が美しくなるかどうかは保証の限りではありません。
 この日は天気も良く、ぶらぶらと観光するには最高の日でした。結局温泉には入りませんでしたが、次回来るときにはぜひ入ってみたいものです。
 華清池は、玄宗皇帝と楊貴妃のラブロマンスのほかに、もう一度中国の表舞台に登場します。
 1936年に起こったいわゆる「西安事件」です。蒋介石が張学良にとらえられ、監禁された場所として有名です。左の写真は、そのときの発砲で穴のあいたガラス窓がそのまま保存されているのを写真に撮ったものです。見えにくいのですが、上の張り紙に「西安事変」という文字が見えると思います。割れたガラスが落ちないように、上からもう一枚ガラスで覆っています。
 また下の写真はそのとき急を聞いて部屋を飛び出した蒋介石が逃げ込んだ裏山です。写真からははっきりとはわかりませんが、山腹にある亭で蒋介石は捕らえられます。それ以降そこは「捉蒋亭」と呼ばれるようになりました。
 台湾との関係が好転した今日では、「兵諫亭」と改められました。これは蒋介石を監禁した行為を最後の諫言としての「兵諫」であると弁明したことから来ています。私たちはそこまでは上がりませんでした。

 右の写真も華清池の中にある建物を撮したものです。中国の建物は、上海でもそうでしたが、屋根に角度があって、端が極端に跳ね上がっているものも多く見かけました。



  秦の始皇帝陵

 秦の始皇帝陵の入り口にある石碑です。
 「史記」の記述によると、当時70万人の人が動員され、地下深く掘られた墓には水銀を用いて海や川が作られ、墓に近づく者があれば矢で射殺す仕組みもあったといいます。また、魚の油をたいて、永久に墓内の灯りが消えないようにもしてあったそうです。
 しかし、この陵が作られてから10年もたたないうちにあの劉邦と戦った項羽(四面楚歌・虞美人で有名)の軍に徹底的にあばかれてしまうのです。
 右の写真はザクロの実です。始皇帝陵にはザクロの木がいっぱいに植えられ、私たちが行ったときには、ザクロがたわわに実っていました。山全体にザクロの木が生い茂っているという感じでした。これは当然後世になって植えられたものだと思います。

 左の写真は始皇帝陵の頂上付近から今登ってきた道を見下ろした写真です。両側にびっしりと植えてあるのは、上に書いたザクロの木です。
 高さ80mの陵の上に登ると南に驪(り)山、北に渭(い)水が望まれ、いわゆる関中が一望のもとに眺められます。この風景は今も昔も変わっていません。
 秦の始皇帝から300年あまり後の「三国史」の時代には、諸葛孔明などが、この「関中」を巡って激しい戦いを繰り広げました。


  秦始皇兵馬俑抗博物館

 発掘当時、世界を「あっ」と言わせた兵馬俑の発掘現場がそのまま見られる博物館です。
 1974年始皇帝陵の東約1Kmの畑で井戸を掘っていた農民が偶然見つけた兵馬俑は、今日までに8000体以上が発見され、未だに発掘が続いています。(「俑」とは人が殉死する代わりに埋めたもので、日本の埴輪に当たる)体育館よりずっと大きい発掘現場に、屋根をかぶせて博物館としています。そのスケールの大きさはなかなか言葉では語り表せません。


 大雁塔

 郊外の観光を終えて次に西安の町中に帰ってきました。
 次に行ったところは大雁塔(慈恩寺)です。高さ64mのこの塔は遠くからもよく見え、西安のシンボルとなっています。慈恩寺は唐の時代、高宗が皇太子の時に、生母文徳皇后の冥福を祈って648年に建立されました。またここは三蔵法師ゆかりの地で、27歳の時に国禁を犯してインドに行った三蔵法師が、持ち帰った657部の経典はこの寺で訳されました。大雁塔は訳本を収めるために三蔵法師自らが建立したものです。
 三蔵法師(玄奘)は、西安(当時は長安)を出発して、トルファン、サマルカンド、バーミヤン(アフガニスタン)、ガンダーラ(パキスタン)と旅を続け、天竺(インド)に至りました。 16年後の645年に150粒の仏舎利、8体の仏像、657部の教典とともに、16年ぶりに長安の地を踏みました。
 彼の著した「大唐西域記」は後に、ヨーロッパの学者の発掘の手引き書として重宝がられたそうです。また、それをもとに後の時代に「西遊記」が書かれました。
 大雁塔の名は、ある日空を飛ぶ雁の群から1羽が地上に落ちて死に、それを菩提の化身と見なし、埋葬して塔を建てたことにより付けられたといいます。
 現存する塔の高さは7層64mです。火事のため、何度も修復されましたが、底辺が正方形をした四角すいのユニークな外観は当時のままです。
 私たちはその最上階まで登りました。霞がかかっていましたが、トンネルのような穴からは、遠くの山々を見ることができました。


 小雁塔

 これは大雁塔とも似ていますが、傷みも激しく、随分小振りです。小雁塔といって大薦福寺にあります。
この寺は則天武后が、高宗没後にその供養のために、建てたお寺だといわれています。
 ここは玄奘の影響を受けた義浄が海路インド入りし、20年あまりをそこで過ごし、唐に帰朝して経典の翻訳に従事した寺です。塔は現在は13層ですが、当時は15層(45m)ありましたが、地震のために上部2層が崩壊して現在に至っているため、唐代の姿そのままが現存しているそうです。
 大雁塔が直線的なのに対して、小雁塔は曲線的です。大雁塔のように、軒と軒の間が広く、箱を積み重ねたような形の塔を楼閣式というのに対し、小雁塔のように軒と軒の間が狭い塔のことを密簷式と言います。


 明の城壁と西門(安定門)

 城壁は、明の時代に唐の時代のものを基礎に建築されました。周囲14Kmの城壁の東西南北にはそれぞれ城門があり、その上には正楼と箭楼(矢を射る楼閣)があります。
 昔、中国では一つの都市の周りは堅固な城壁で囲まれていました。
 三国志などの時代にはすでにこのような城壁が作られ、功城戦などにはその城壁をうち破る様々な武器が発明されていました。
 近代になり多くの都市でこの城壁は取り払われましたが、西安はこれを大切に残し、古都の面影を今に伝えています。西安(昔の長安)は私の中では忘れられない都市となっています。落ち着いた都市として、ぜひとももう一度訪れてみたいものです。

 私の好きな写真の一枚です。
 シルクロードの出発地点です。三蔵法師は、霍去病(かくきょへい)は、そして名もない人々はここから(もちろんこの時代には城壁はありませんでしたが)どんな思いで西の空を眺め、砂漠へと旅立っていったのでしょうか。私たちは今この城壁の上にたたずみ、はるかかなたを思い描くだけです。


 碑林(陜西省博物館)

 通称碑林(ひりん)といい、歴代書家の名碑を数多く集めた、石碑の林です。漢代から隋、唐、宋に至る石碑の中で著名なものは王羲之(おうぎし)、欧陽詢(おうようじゅん)、虞世南(ぐせいなん)、顔真卿(がんしんけい)などです。
 古代ローマからキリストの伝来を伝える「大秦景教流行中国碑」はよく知られています。837年から1090年にかけて1095基が集められた、いわば当時の図書館です。
 門をくぐると正面に「碑林」と書かれた額のある亭があります。(右の写真)これが碑林の中の最大の石碑「石台孝教」です。玄宗皇帝が自ら序を寄せたもので、「身體髪膚これを父母に受く・・・」の文字が見えます

 碑林の中では大勢の人が拓本に励んでいました。学習のため、またおみやげとして商売にもなっているようです。
石碑の林は7つの部屋に分けて収納してあります。第1室の開成石経114基には総計65万52におよぶ漢字が刻まれています。ただ数が多いだけでなく、その字体の美しさには目を見張るものがあります。



 西安の町並み

 西安の町並みの写真です。
 左上はホテルから見た西安の町並みです。
 右上の写真は日本では今懐かしい馬車です。
 右は城壁に至る道です。
 西安はこのように街全体が城壁に囲まれています。街から外に出るとき、また街に帰ってくるときには、必ずこの城壁の門をくぐります。



 西安空港から敦煌へ

 これまで乗ってきた国際線の飛行機から比べると、随分小さな飛行機になりました。乗る前はプロペラ機ではないかと話していたのですが、ちゃんとジェット機でした。「でもちゃんと敦煌まで着けるのだろうか。」と不安がる人もいました。でも私は楽天的なのか、そんな心配はしませんでした。

 途中飛行機の窓から雪をかぶった山脈が見えました。たぶん祁連山脈だと思えます。今回の旅行の最大の目的である敦煌に期待も高まります。
 中国の地図(都市一覧)に戻る

 トップに戻る