敦煌空港

 空港に着く前に飛行機の窓から見えた地上です。少しわかりにくいのですが、筋になっているのが黄河の上流です。砂漠なのでいつもは水は流れていませんが、時にどっと流れる事があります。そのときにできた流れの跡です。海から何千キロ離れているのでしょうか。(ちなみに黄河の全長は5464Kmです。)
 ここで降った雨一滴は、長い長い旅をして渤海に注ぎます。

 敦煌空港の管制塔です。午後5時を過ぎていますが、まだ日は高く夕方という感じがしません。中国は東西にすごく長い国ですが、北京時間を元に標準時が決められています。(ちなみに日本との時差は1時間)そのため、シルクロードの端の方に行くと、夕方になっても、夜になっても、いつまでたっても暗くならないし、また逆に朝はいつまでも明るくならないということが起こります。(ちなみにアメリカは4つの標準時を持っています。)


 敦煌の空港は砂漠の中の何もないところに空港を作ったという感じです。飛行機の窓から見ていると、
「砂漠の真ん中に、何か黒い部分が広がっている」という感じで、それが滑走路のアスファルトでした。着陸は楽かもしれません。もっとも、夜や天気の悪い時(そんな時があるのか?)などでも、誘導灯などはないようでした。

 敦煌の空港前にある建物です。本当にこれしかないという感じでした。敦煌の空港に着いて私が一番びっくりしたのは、空港の前に「クロ○○ヤマト」の軽トラックが止まっていたことでした。「こんな中国の奥まで販路を拡大しているなんて、日本の企業はすごい!」


 敦煌の町並み

 敦煌の街の中です。高い建物もなく、中国にしては小さな街という感じでした。
 郵便局に切手を買いに行きました。中国では、土産物屋などで、普通の切手や記念切手を売っていることがあります。実際に使用するというよりも、おみやげに買って帰る人が多いからです。しかし、その値段が高い。額面の十倍ぐらいがざらです。そのため、郵便局で買えば、額面で売ってくれるのではないかと思い買いに行きました。
 見学に行くまでの休憩時間、みなさん(添乗員さんも含めて)ホテルで休んでいる時間ですが、自由行動はここしかないということでこっそり出かけました。郵便局はすぐわかりましたが、切手をどのようにして買ったらいいのかわかりません。しかしそこは中国です。筆談という方法があります。筆談をしてわかりました。切手を売っている人は、今はお昼休みだそうです。3時を過ぎないと販売してくれないようです。その時間には、もう見学に行くので、残念ながらこのたびは買えませんでした。(ちなみにこれから4年後チベットで、たっぷりの切手を買うことになります)

 その後町を歩いてみました。自由市場が店を広げまた地元の人が利用するお店やデパートらしきものにも行きました。
 写真は露天商ですが、原色の物が多いのに気がつきます。また、帽子屋さんでは、懐かしいきょうぎで編んだカンカン帽のようなものがありました。またブリキ屋さんではブリキの金ダライややかんなど郷愁を誘う物が数多くありました。買って帰りたい物もあったけど、荷物になるのでやめました。
 街の中心にある琵琶をひく女の人の像です。これが敦煌の街のシンボル、またシルクロードのシンボルともなっています。
 街の東から西まで歩いても15分くらい。その中にいろいろなものが集まっています。こぢんまりとした落ち着いた町です。


 鳴沙山・月牙泉

 敦煌で最初に訪れたのは鳴沙山と月牙泉でした。
入場料を払うゲートの前からきれいな砂山が見えていました。本当にきめの細かい、サラサラとした砂でした。風に吹かれて落ちる砂の音が、まるで山が鳴いているように聞こえたから、この名前が付いたと言われています。

 地元の人たちは5月の端午節には鳴沙山に登り、月牙泉を眺める習慣があるといいます。中国では「砂」を「沙」と書きます。そこで、「鳴砂山」ではなく「鳴沙山」と書くようです。

 鳴沙山に至るまでの砂山です。
きめの細かい砂がなぜあのような美しい形を作り出すのか不思議です。
 これが名高い「鳴沙山」です。もっとも正式には、鳴沙山は東西40Km、南北20Kmの大きな砂の山を指すようで、このあたりの砂山を全部ひっくるめて鳴沙山というらしいのですが、月牙泉のすぐ脇にあるこの砂山を普通鳴沙山と呼ぶようです。
 私たちはこの砂山に途中まで登りました。なぜ上までではないかというと、看板が立っていて「砂が崩れるので、登ってはいけない」とあったからです。でも、頂上までの足跡も付いていましたし、ガイドブックにもこの砂山の上からの眺めがどんなにすばらしいものか書いてあります。
 これが月牙泉です。鳴沙山の途中から写真を撮り、次には実際に下まで降りてみました。
 映画「敦煌」ではこの泉に魚が泳いでいましたが、それを見ることはできませんでした。(本当は魚なんていないのかな?)この湖は三日月の形をしています。中国では三日月のことを「月牙」というので、この名前が付いたようです。鳴沙山北麓の泉が水源のこの湖は透明な水が絶えることはありません。この湖には流砂は流れ込まず、砂は周囲にのみ積もると伝えられています。強い風が吹き、砂が流れ込むことのあるこの砂漠で、水がかれないのはどうしてでしょうか。この湖と比べもつかない大きさであるロプノール湖でさえ枯れてしまった今日、砂漠の不思議の一つかもしれません。
 私たちは鳴沙山に登ることをあきらめて、近くの砂山に登りました。足下から砂が崩れ続ける厳しい斜面の登り切ると、眼下に鳴沙山と月牙泉が見えました。そして、反対方向、砂山の向こうは・・・・やはり砂山でした。どこまでも続く砂山を前にしてある者は叫び、ある者は砂の上に転がり、またあるものは砂の上を走るトカゲ(?)を見つけて人生を考えました。
 「この砂粒はいったいいくつあるのだろうか、そしてそれは宇宙にある星の数といったいどちらが多いのだろうか。」
 「この砂粒はきっと秦の始皇帝が中国を統一した前からここにあるのだろうし、またこれからずっとここにあり続けるのだろう。」
 「この一粒ひとつぶは何を見てきて、何を考え続けてきたのだろう。」
 そんなことを考えさせてくれる敦煌の一日でした。


 莫高窟

 鳴沙山・月牙泉と並んで、いやそれ以上に敦煌に来たかった目的がこの莫高窟の見学でした。敦煌の町から南へ25Kmの地にそれはありました。
 ポプラ並木を抜け橋を渡ると、莫高窟の門が出迎えてくれました。366年僧、楽そんがこの地に金色の輝きを見て霊地と感じ窟を掘ったのが始まりとされています。4世紀から14世紀にかけてここには1000を越える窟が掘られました。現存するものは492窟。約2500体の塑像壁画が飾られています。

 長い道を通ってようやく入り口にたどり着きました。
有名な窟として16窟・17窟があります。1900年、この地に住んでいた王円ろくがタバコの煙が壁に吸い込まれていくのを不思議に思い、周囲に積もった砂を取りのけて17窟を発見しました。これが「敦煌学」という一つの学問をうち立てるまでに至った藏経洞の発見です。その後スタインや日本人の大谷探検隊などによる略奪もあるのですが、現在もなお敦煌学研究は進んでいます。
 誰がいつ何のためにこのような数万点もの経典や書画をここに封印したのかはわかっていません。井上靖はこのことからヒントを得て小説「敦煌」を書き上げました。そして私は、中学時代にこの「敦煌」を読み、また当時ラジオドラマでこの「敦煌」を放送を聞いて以来、この地にあこがれ続けてきました。ようやくその念願の地を踏めたわけです。
 井上靖の小説では西夏が攻めてくる時に、ここに封印したという説を採ってますが、出土したものの中に西夏文字が使われたものがあるため、それよりも後に封印したのではないかと考えられています。しかし、隠し場所を知っていたものが一度隠した後に、またそれ以降の経典を含めて、改めて隠したことも考えられるため、はっきりとしたことはわかっていません。
 中は撮影禁止なので、壁画を写真に撮ることはできませんが、このように窟の入り口の壁に描かれている壁画もあります。雨がほとんど降らない砂漠のため、色があまり落ちておらず、写真に収めることができました。
  お金を出してこの壁画を描かせた人が、サインの代わりに小さなイラストを残してもらうことがあるそうです。私が一番印象に残っているのは、小さな葉っぱの上に乗って飛んでいる子どものイラストでした。
たくさん見た飛天や大仏などもすごかったのですが、絵の片隅に小さく目立たないように描かれたそのイラストが一番印象に残っています。
 中国の地図(都市一覧)に戻る

 トップに戻る