ウルムチの空港で

 ちょうど私たちが飛行機を降りると、歓迎の催しが行われていました。もちろん私たちに対して・・・・・ではありません。華やかに着飾った子どもたちが、色とりどりの花束を手に私たちを出迎えてくれました。
(だから「私たちを」ではないって)
 喫煙者にはつらい4時間あまりでした。(中国は飛行機はもちろん空港内でも喫煙は全面禁止です。)
 左側の写真が、ウルムチの空港、右側の写真の飛行機が、私たちが北京から乗ってきた飛行機です。やっと来たという感じです。北京から4時間は遠かった。でも、本当にシルクロードを旅しているという感じです。


 ウルムチ市内


 右側の写真は私たちが泊まった、ウルムチのホテルです。黄色い外壁が何ともいえず・・・・・派手です。
 私は中国に行って初めて、前にも後ろにも風を吹き出す扇風機というものを見ました。しかも、中国でも、ここでしかお目にかかりませんでした。すごい発想だと感心しました。
 ちなみに、写っている手は、「心霊写真」などではなく、同行した女性の手です。滅多にない物を撮影しようとしていたら、じゃまをしました。ペイントのソフトで削除しようとしたのですが、うまくできませんでした。
(写真から削除できないことが、本当の「心霊写真」だったりして)
 ここまで来ると、中国でもヨーロッパの影響をひしひしと感じました。
 右の写真は信号機ですが、その下の注意書きの文字が、中国語はもちろんですが、イスラム語で書かれてあります。しかも、中国語より上に書かれているのです。いかにイスラム系の人が多く住んでいるかを表すものでしょう。
 中国語はなんとか意味がわかりますが、イスラム語は、どこまでがひとつの文字なのかさえ全然わかりません。やはり漢字を使う国から来た私たちだからでしょうか。
 ホテルでじっとしている私たちではなく、夜になればまた街に繰り出します。これは屋台の大きな鍋で食べ物を作っているところです。
 私たちはなかなか椀がきれいかどうか自信がなくて、売っている物を食べることができないのですが、中国の人は屋台で様々な物をおいしそうに食べている場面に出くわします。うらやましい気もするのですが・・・・。
 懸命に写真を撮る二人。その同じような格好が面白くてシャッターを押しました。後ろは花で一杯です。
そういえば空港で見た子どもたちも、手に色とりどりの花を持っていました。やはり、日中と朝夕の寒暖の差が激しいために、花の色が鮮やかになるような気がします。
 ここは「新疆ウイグル自治区博物館」の前です。


 八路軍駐新疆辨事処記念館

 次に来たのは、「八路軍駐新疆辨事処記念館」です。こんな所はだいたい普通のガイドブック(少なくとも私がこれを作るのに利用している四冊)にも載っていない(もちろんウルムチの街の地図には載っています)のに、誰が探してきたのだろうと思ったら添乗員さんでした。しかもこの旅行会社が配ったガイドブックには、項を起こして載っています。たぶんウルムチの観光で、時間がかからないで行けるところということで、ここを選んだのだと思いますが、現在においても、ここを訪れた日本人観光客(八路軍の調査に来た人以外)はほとんどいないと思います。
 事実私たちのグループがどやどやと入っていくと、受付の人はびっくりしたような顔をしていました。そして、しばらくして案内のため、同じ人が出てこられたのですが、服を着替えておられました。たぶん、滅多に来ない観光客に礼を尽くされたのだと思います。私たちは滅多に行けないところに行ったという感じでした。
 街中でも馬車を引く風景が見られました。でもあれはもしかしてラバ?人口100万人を越える街とはとても思えない光景でした。

 この地方は「玉」(ぎょく)の産地でもあります。「新疆ウイグル自治区博物館」には、大人が両手で抱えられるかどうかといった大きさの「玉」が展示してありました。これは子どもが発見した物のようですが、これまで発見された中でも一、二を争う大きさだそうです。でも私には、これはどう見ても、緑がかったそこらあたりのどこでもある石にしか見えませんでした。ちなみにそれは値段が付けられないほど高価な物のようです。
 「玉」といえば「和(か)氏の璧」を思い出します。これは「史記」に出てくる話で、春秋戦国時代、趙の恵文王(けいぶんおう)は秦の昭襄王(しょうじょうおう)からもたらされた一通の国書に悩まされていました。秦王は15の城と交換で、趙王の持つ天下の名玉「和氏の璧」をよこせといってきたのです。趙王は「和氏の璧」をくれてやってもよいけど、きっと届けに行けばその使者は殺され、璧だけを奪うと思ったからです。しかし、断ればきっと、そのことを口実に攻めてくるだろうと。
 熟考した結果、使者に藺相如(りんそうじょ)を選びます。秦の昭襄王と部下たちは「和氏の璧」を見て、あまりの美しさの大喜びします。そして藺相如は秦王の表情を読んで、城をよこす気がないと判断すると、「その璧には見えにくい所に傷があります。渡す前にそのことをお教えします。」と言って、璧を取り返して手中にすると、柱に寄って怒気を込めて次のように叫びました。「もし璧だけを奪う気なら、私の頭とこの璧は柱に当たり粉微塵になるでしょう。いかがなさいます。」どちらが壊れるのを心配したのかはわかりませんが、とにかく秦王は狼狽して無礼をわびました。「では5日間斎戒(さいかい)をされ、国賓を迎える礼をお尽くしください。璧はそのときにお渡しします。」しかし、秦王が言うとおりにして5日たち、璧の箱を開けると中は空でした。藺相如はなんと5日の間に使いをたてて、「和氏の璧」を一足先に帰国させていたのでした。秦王は部下が藺相如を斬ろうとするのを止め、むしろその才能を褒め讃えました。
 町中をとうとうと水が流れていました。これは遙か天山山脈の雪解け水です。行った時は真夏でした。それでも水は枯れることなく、この大都市の人々に生きる源を供給し続けているのです。
 これはこれから行くトルファンでも同じ事です。逆に言えば、水があるからこそ、砂漠の真ん中にこういった都市ができたのでしょう。


 トルファンへの道

 ポプラの木でしょうか、このあたりは道にずっと茂っていました。道のほとりにはたくさんのトラックが止まり、また多くの車は修理・点検をしていました。日本で見かけるのと違って、古そうなトラックも多く、故障も多いのでしょうか。砂漠の真ん中で動かなくなるとどうしようもありません。そのため中国の運転手は自分でいくらかは車が修理できる力を持ってないといけないと言われています。また、必要になるかもしれない部品も持って移動するようです。それでも時には動かなくなった車が放置されていることもあります。
 ウルムチからトルファンに続く道です。果てしなく広がる砂漠です。
 左側の写真は、バスの前方を撮影したものです。真ん中の黒いのがアスファルトの道で、その両側には砂漠が広がり道路と平行して電信柱が立っています。
 右側の写真はバスの横を撮影しました。サラサラした砂ではなくゴロゴロした石ころで砂漠ができています。どこまでもどこまでも同じような風景が続いています。このような中を車は4時間走り続けました。この暑い砂漠にアスファルトを敷いた人たちの苦労が忍ばれます。
 そして、そんな道がなかった時代に、ラクダで、徒歩でこのゴビ砂漠を越えていった人がいたのも事実です。
何を考え、何を求めて、消えそうになった前人の足跡を追っていったのでしょうか。そしてその同じ道の上を、私たちは何を求めて車を走らせているのでしょうか。

 中国はこの新疆ウイグル自治区の砂漠で何度も核実験を行ないました。人類が滅びた後に残るのは、このような荒涼とした風景なのでしょうか。
 もしかしたら、人間を見続けている存在(神とよべるのかもしれません)が、そんなことを暗示するために、私たちの前にこのような風景を描き出しているのかもしれません。


  南山牧場

 「天地」に行きたかった私ですが、「行って帰るには時間がたりない」ということで、ボツになりました。しかし、トルファンから帰った日、時間があり、それではどこに行こうかという事で、「南山牧場」に行くことになりました。
 南山牧場はウルムチの中心地からはずいぶん離れたところ(ウルムチ市内から60Km離れた場所)にありました。ポプラ並木が続く道をどんどんと山の中に入っていくと、そこは砂漠とは違って、緑が生い茂る渓谷でした。
 バスを降りて川沿いに歩いていくと、奥には滝がありました。それほど大きな滝ではありませんでした。下ではしぶきが散って、随分涼しい感じがしました。
またこの滝から下の駐車場まで馬に乗ることもできました。
 ここにはいくつかのパオもありました。このパオは泊まることもできるそうです。左の写真は、パオの前のアザミを入れて写真を撮ったものです。もちろんこのパオの中も見ることができます。右側の写真はカザフ族の子どもたちだと思われます。民族衣装を着た人も幾人か見かけました。


  ウルムチ市内

 上の左側の写真はウルムチにあるテレビ塔です。随分高いものですが、高さはわかりません。
 右側の写真は紅山公園にある「鎮龍塔」です。これは、1785年から翌年にかけて、ウルムチ河が大洪水を起こした際に、河に住む龍の魂を鎮めるために建てたといわれています。山頂からはウルムチの市街が一望でき(左の写真もここから撮ったもの)市民や旅行者でいつもにぎわっているそうです。
 この後バザールに行きました。新疆地方では、自由市場のことをバザールと呼んでいます。ネックレス、ナイフ、きれいな石などのアクセサリーなどを売る店や民族衣装、干しぶどう、ナンを売る店など様々な店が所狭しと並んでいて、それも安い値段で提供されています。いくら時間があってもあきない、店巡りでした。
 ウルムチの空港から見る夜明けです。
 私たちの旅行日程は、割とゆっくりと組んであったのですが、このウルムチから上海に行く飛行機に乗るときだけは、朝早くホテルを出発する必要がありました。そこで、空港にはいるときに夜明けを迎えたのです。といっても、標準時の関係で、時間だけ見ればそれほど早い時間ではなかったのですが・・・。
 いよいよ今回(2回目)の中国旅行の最後の訪問地である上海に向けて出発です。
 中国の地図(都市一覧)に戻る

 トップに戻る