本のこと、あれこれ

3.インターネットの威力
 先日、沢木耕太郎の「チェーン・スモーキング」という本を読んでいた。するとその中に、「教養のためにしてはならない百箇条」という文章(エッセイ)から引用してあった。私はこの原文が読んでみたくなった。しかしそこには著者の名前さえない。あるのは、
 (1)雑誌に掲載されたものである。
 (2)エッセイである
 (3)「教養主義の逆襲」という特集の中の一本である
 (4)筆者は科学史を専門とする教養学部の教授である
ぐらいのヒントである。以前ならここで原文を読むことをあきらめるのであるが、昨今はインターネットという便利なものがある。そこで、「教養のためにしてはならない百箇条」という言葉を入れて検索をかけてみた。するとたちどころにヒットした。その結果、筆者は村上陽一郎であり、1989年4月号の「新潮45」のP28〜P31に掲載されていたということがわかった(村上陽一郎の研究室のホームページにヒットした)。
 そこで、村上陽一郎の研究室にメールを出して、「このエッセイが本に収録されているのであればその本を買うので、題名と出版社を教えて欲しい。もしどの本にも収録されていなければ、このエッセイをコピーして送ってもらうことはできないだろうか。」と頼んだ。数日して返事が来て、「このエッセイは他の本には収録されていない。図書館や大宅文庫にあたってみたらどうか。」と書いてあった。
  そこで初めて私は大宅壮一文庫の存在を知り、やはりインターネットで調べて、電話してみた。すると15年ほど前の雑誌にもかかわらずあるという。そしてコピーをして送ってもらえるということもわかった(もちろん有料)。
 そこで頼むと、2日ほどしてそのコピーと請求書(830円 A4 2枚、手数料、送料込み、振込料別)が届いた。
 15年前の雑誌の片隅にわずか4ページほど掲載されたエッセイが、題名だけしかわからないのに、実際に読むことができる。数年前なら考えられないことだ。もちろん都市に住んでいて大きな図書館が完備されている所なら当たり前にできたのかもしれないが、私のように辺鄙な所に住んでいるものが、居ながらにしてそれを手にすることができる。私は本当にインターネットの威力に感心した。

(2004.3.22)

2.気に入った作家
 のべつまくなし本を読んでいく中で、やはり好きな分野、好きな作家とそうでないものに分かれるのは必然。好きな分野は、最初は文学を読んでいたけど、推理小説を読み始め、一時はそればかり、最近は時代小説にはまるが、しばらくすると元に戻る。好きな作家ができるとその人の作品を読みあさる。しかし、好きな作家もランクがあって、単行本(ハードカバー)が出れば必ず買う作家と、文庫本になるまで待つという好感度の違いはあるが・・・。
 それでは私が好きになった作家(まあ、出ている本の80%以上は買ったなという作家)の一覧を次に載せる。
 石川達三、石坂洋次郎、吉田とし、柴田翔、三浦綾子、山本周五郎、渡辺淳一、三島由紀夫、福永武彦、高橋三千綱、立原正秋、クローニン、高橋和己、宮城谷昌光、清水義範(この人の本は多すぎてなかなか全部読めない)、稲見一良、飯嶋和一
 横溝正史、ウイリアム・アイリッシュ、モーリス・ルブラン、仁木悦子、日下圭介、土屋隆夫、ビル・プロンジーニ、レックス・スタウト、小峰元、連城三紀彦、カトリーヌ・アルレー、山村正夫、ヴァン・ダイン、天藤真、宮部みゆき、島田荘司、綾辻行人、北村薫、泡坂妻夫、森博嗣、京極夏彦、光原百合、北森鴻
 そして今極めたいと思っているのは、北原亞以子、宇江佐真理の二人の女流歴史小説家だ。

(2004.3.22)

 
1.ページ数の記録
 私が小学校3年生頃、親戚に遊びに行った時に、そこのおじさんにこう言われた。
「読んだ本のページを記録してみろ。1万ページを超えたらすごい。それは単に、本をたくさん読むということだけではなく、記録することを続けるという意味もあるんだ。」
それ以来35年もの間、私はひたすら読み終えた本(小説のみで、仕事でいる本や評論などは除く)をひたすら記録した。最初は読んだ本のページ数だけ、すぐに本の題名も記録し、やがては著者名も記録するようになった。小学生が使う算数のノートも今や4冊目。
おじさんから言われた1万ページは始めて半年余りで突破し、今や記録したページ数は130万ページ弱、記録した本の冊数は4000冊余り。われながらよく続いたものだと思う。
ここまで続いたのも、あのときのおじさんの一言があったからです。ありがとうございました。

(2004.3.22)

トップにかえる