14.「抽出」しなくしなくていいから、色分けして一目でわかるようにして欲しい。
     ・・・・「条件付き書式」を使えばできます。

@ここでは自動で「やせぎみ」の生徒は青で、「やや肥満」の生徒はオレンジで「肥満」の生徒は赤で色分けしてみます。
 条件付き書式を設定したいセルをドラッグして指定します。次にメニューから「書式」次に「条件付き書式」を選びます。
(下の写真はクリックすれば
   大きくなります)

Aウインドが開きますから、条件を入れます。さまざまな条件が設定できるのですが、ここでは「セルの値が」「次の値に等しい」「やせぎみ」と順番に入れてください。
B次に色を決めます。下の右にある「書式」をクリックして開いたウインドで「パターン」のタブを選び、この場合は青の色を選びます。
C「OK」を押したあとに、次は下の「追加」を選びます。そうするとウインドが伸びて、また条件式を入れる部分ができます。これが2番目の条件になります。
D先ほどと同じように条件を入れます。「セルの値が」「次の値に等しい」「やや肥満」と入れます。また、「書式」をクリックして「パターン」のタブからオレンジ色を選んで「OK」を押します。
Eさらに「追加」を押して、「肥満」の場合の条件を「セルの値が」「次の値に等しい」「肥満」と入れます。また、「書式」をクリックして「パターン」のタブから赤色を選んで「OK」を押します。
Fそうするとうまく色分けできます。なお、条件は3つまでしか指定できません。
Gそのセルの値ではなく、他のセルの値の条件で色分けすることもできます。
この表を右の動かすと、今回(Ver2.00)新しく作った「治療済み」をチェックする欄があります。「CF2」のセルをクリックしておいてから「書式」次に「条件付き書式」を選びます。するとそこに設定してある条件付き書式がわかります。

Hこの条件の説明をすると「条件1」は「=$F2=""」となって、書式は設定してありません。これは、『「F2」のセルが空白なら何もしない』という意味です。F2のセルには名前が入りますので、もし名前が入っていなければ、空白のままおいておきなさいという命令です。「条件2」は「=$AU2<>"異常なし"」という命令です。書式は黄色を付けなさいという命令です。これは、『「AU2」のセルが「異常なし」でないなら黄色を付けなさい』という命令になっています。
 そしてここで大切なのは、別のセルを指定する場合には条件の最初を「数式が」とする必要があるということです。
 また、「条件1」がなぜ必要かと考える人があるかもしれませんが、「条件2」だけだと名前がないつまり誰もいない行のこの部分に全部色が付いてしまうのです。自分で作る時はその辺り考えて必要な部分だけに条件を入れればいいのですが、人に配る時には、生徒数が何人かわかりませんから、生徒名が入っていない部分については色が付かないようにしておかなければなりません。それが「条件1」です。
 関数を埋め込んでいる場合にも、必要な関数だけ埋め込んでおくと値を入れなければエラーを表示するものがあります。そういった場合には「IF関数」を埋め込んでエラーを表示させない工夫がいるのです。
I聴力検査(「CK」の列)などは学年指定がありますから、この「条件付き書式」はもっと複雑になります。「CK2」のセルをクリックして条件付き書式を出してみます。1年生と3年生だけ聴力検査を行いますから、「条件1」で名前がない生徒と2年生を除きます。条件2で右耳と左耳の両方を考える必要がありますから、どちらか一方でも異常があれば異常を表示するようになっています。このように、いろいろな所を開けて調べてみてください。そして、自分でもいろいろ組んでみてください。自分が使いやすいようにできると思います。
 エクセルの力をワンランクアップ」のページに帰る

トップにかえる