「つるや」の名前の由来

「つるや」というのは屋号です。屋号とは、田舎などで、普通の名字とは別にその家についている名前です。私の家は「つるや」と呼ばれていました。だから私が子どもの頃は、「つるやの息子」といった方が通りが良かったのです。このホームページを立ち上げようとして、いい名前がないかと考えていた時にこの名前を思い出しました。だから近所の年取った人がこれを見られれば、「ああ、つるやの息子が作ったのか。」とわかってもらえるかもしれません。でもそんな年の人は、ホームページなんて見ないかなあ。
  このホームページを立ちあげてから、私のことを「つるやの息子」とよぶ人が現れました。それはそれでいいのですが、アクセントにどうしても違和感を覚えます。そういった人は「つるや」の「や」にアクセントをおいて発音するのですが、私が小さいときから近所の人たちによばれていたのは、「つるや」の「る」にアクセントをおいた言われ方なのです。小さいことなのですが、少し気になります。 (RYOのつぶやき)

トップに戻る