お気に入りの場所
      愛媛県宇和島市 蒋渕(こもぶち)
 その昔、数学(算数)で「ねずみ算」というのを勉強したことがある。ネズミの親が子どもを産み、またその子どもが親になって子どもを産んでいき、加速度的にネズミの数が増えていくという内容であった。これは机上の計算だけではなく、これに近いことが起こったと聞いた場所がこの戸島、蒋渕周辺のことだった。
 宇和海には元々ネズミが多く生息し、「古今著聞集」にも13世紀に魚を捕る網にネズミが大量にかかったと書かれている。戦後すぐの1949年夏には戸島に大量発生したネズミは日振島、蒋渕にも移動し、宇和島周辺にも接近したという記録も残っている。
 1951年末の日振島、戸島の生息数は80万匹と言われている。

 今私がここを訪れるのは、もっぱら「グレ」釣りのためだ。大きなグレをねらって訪れるも、なかなか思うようにはいかない。しかし、海の透明さ、遠くに浮かぶ数々の島影など、ここの風景は私にとっての「お気に入りの場所」には違いない。
 日が昇る前に磯に渡してもらい、夜明けを待つ。明るくなるのを期待に胸をふくらませながら準備する。ようやく空が明るくなり、遠くの島影が次第に輪郭を明らかにしてくる。さあ、第一投。まだ暗くて、うきがよく見えない(電気うきは忘れた)。風が少し強いのが気になる。
 ようやく明るくなってくるも、なかなか釣れない。クーラーボックスがわびしそう。
 
  ちなみに、この辺りには、左のような魚は泳いでいません。
 天気予報では、風はほとんど吹かないと言っていたのもかかわらず、風は強くなるばかり。うねりも出て、時々足にしぶきがかかる。天気予報の嘘つき。
  前に、やはり宇和海で釣っていたときに、体長2m以上もある鮫が足元に  
泳いできた。
 せっかく集めた魚が散ってしまい、その後はさっぱりだった。
 グレを釣るのは「ふかせ釣り」なので、エビ(オキアミ)をたくさん海に撒く。中には水に浮くオキアミもあるため、それを狙ってカモメがくる。釣れている時にはあまり気にならないが、釣れてない時には「高いえさを買って、水の中の魚と水の上のカモメに餌付けに来た」としか思えない。くやしい!!  
 磯に渡してもらった渡船。お世話になりました。帰ってくると岸壁で鯵を釣っている人がいて、見ている間にも、何匹も釣る。こっちの方が良かったかも。
 グレ1匹、ブダイ1匹、カワハギ1匹。大きさは・・・・・恥ずかしいからやめとこ。
 次回はもっと、大きなものを!
 
    
       TOPのページに戻る